だってお酒がすきなんだもん
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモキタザワは今日も怖い。
すれ違いザマに顔をじっとみてくる奴はたいていそう。
奴もやはり戻ってきた。チャリはあぶない。

「おごるから1杯飲まない?」

みんなこれだ。
1杯で済むわけがない。
何杯も飲まされ、
運が悪けりゃ、お持ち帰りされるのだ。

「美容師?ねえそうでしょ。どこの店??」

って美容師がこんな適当な服装で
しかもこんなプリンで歩いているかい?

彼の脳内は著しく幸せな状態であるのだろう。
彼はお洒落でわりとかっこいい。
その自信から、いろんな人に声をかけるのだろうな。

あやうく家を特定されそうだった。
あぶない。
怖い。
珍しく動揺した。

なにかの「危険」を察知したからだろう。


こんな自分だけど、
人生の中で、
2回知らない人と飲んだことがある。

1回は朝まで飲んだ。
コレは知らないひとというよりは
知らない人だったけど知り合って意気投合した人。

2回目は
コレはまさしく知らない人。
スミノフとハーゲンダッツを買ってもらった。

どうしようもなくお金がなくて
おなかすいていて、
お酒のみたくて、
精神状態が悪かったからかな。

もう誰でもいいやってな感じでね。


みんなドン引きだろうね。
でも
これも経験です。
経験は何事においても必要だと、
あたしは思う。

なにもかもに純粋では
現実世界で傷つくことばかりだから。

予防注射みたいなもんです。
悪いものを1度体内に入れてしまえば
きっとそれに対して耐性ができる。

いいこと。

不良と呼べばいいさ。
不良だよ実際。
アタシは
純粋なひとは苦手です。

なにをしても傷つけてしまいそうだから。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://piyopiyonyaa.blog77.fc2.com/tb.php/8-84d48728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 「うにうに」「ぴよぴよ」で考え中。 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。